技術の現状

  技術の現状   核心技術

核心技術

技術概要 (Overview)

· 既存の高価なITO(Indium Tin Oxide)透明伝導物体の代替となる低価格の環境に優しい半導体型透明伝導物質(NANO21)を非導電性表面にコーティングすることで、家電及び産業関連製品に新しい機能を付与することができる技術

· 世界で初めて500℃まで発熱させることができるNANO21配合及びCoating、そしてCoating後工程技術

· NANO21配合比率を異にする面抵抗制御と半導体型透明Heaterから透明電極に至るまで様々な分野に適用することができる技術

NANO21 Ultrathin Coating 工程

· 金属酸化物基盤の金属化合物と鉱物質で構成されたコーティング溶液

· 当社の発熱体の場合, 金属発熱体と比較して6%以上, 効率が高い

- 低温から高温に早い昇温が可能な技術-water tankless application

- NANO21配合比及びコーティング層の厚さ調整に応じて温度上昇可能

- 必要時, Multi-Layer Coatingで, 様々な応用分野対応可能技術


· Coating Method

- 非導電性物体表面に微粒子Splay Coatingを利用した均一薄膜コーティング層形成


· 特徴-既存のITO薄膜コーティング方式真空蒸着の限界

- 大気圧下でSpray Coating技術に変換

- 低コスト

- 大型面積適用可能

- Pipe内, 外壁など, 様々な形状の非導電性物体表面にCoating可能

NANO21 発熱体の Specification

区分 特性
透明性 ≥98%(可視光線領域, コーティング層の厚さに応じて透明性が異なる
面抵抗密度 NANO21配合比及びコーティング層の厚さに応じて調整:0.3〜0.8 w/㎤
薄膜コーティングの厚さ 0.1〜10μm
効率性(Efficiency) ≥ 96%
Heating原理 導体抵抗及び直接輻射加熱
適用可能物質 全ての非導電性物質(ガラスの種類、セラミック, Fiber, 陶器など)
Coating可能規格 Tube 類 制限なし
平板類 制限なし
その他 制限なし
耐腐食性/耐Scratch性 非常に強い(Coating層後処理技術適用)

性能比較 (Performance comparison)

  •  
  • NX発熱体 区分 金属発熱体
    96% 以上 熱効率 90%
    827 Kcal 774
    X CO2, CO O
    X 効率の変化 O
    強い 耐科学性 弱い
    強い 耐酸性 弱い
    強い 耐湿性 脆弱さ
    X 酸化/腐食 O
    急速加熱 流体加熱方式 貯蔵/蓄熱
    輻射熱 空気暖房方式 対流方式
    X メンテナンス O
    O 源泉技術 X
    半永久的 寿命 随時交換
  •  
  • 本社

    ADD. チュンチョンブクト ウムソングン テドンノ 450-7
  • 本社/陰城工場

    ADD. チュンチョンブクト ウムソングン テドンノ 450-7
  • COPYRIGHTⓒ RAONICS CO.,LTD. ALL RIGHT RESERVED
모바일 버전으로 보기